現代病の1つ!糖尿病は一体病気なのか再認識しよう!【The Medical】
HOME>イチオシ情報>現代病の1つ!糖尿病は一体病気なのか再認識しよう!

現代病の1つ、糖尿病

糖尿病は、現代病の1つとも言われています。糖尿病が疑われる人というのは、1000万人にほどと言われています。糖尿病の厄介な所は、自覚症状が無く、検査をしなければ実際に自分が糖尿病だと分からないという所です。まず、糖尿病はどのような自覚症状が出てくるのかという事を知ったほうが良いです。チェックリストに当てはまるようであれば、最寄りの医療機関に検査に行くのが良いでしょう。

糖尿病かな?のサイン

  • のどがすぐ乾く
  • 足がつる、しびれる
  • 傷が治りにくい
  • 疲労感
  • 傷が治りにくい
  • 疲労感
  • 目のかすみ

2型糖尿病

ハートと聴診器

一般的な糖尿病というのが、この2型糖尿病。発病時期ですが、大体40歳以上からの発病が多いです。しかし、若い方でも2型糖尿病になる可能性もあります。糖という事で、甘い物の食べ過ぎや、肥満の方がなりやすい病気と考えている方も多いと思いますが、実は、これらの要因だけで糖尿病になるわけでは無いです。確かに、肥満体型の方や運動不足の方など、生活習慣の乱れから糖尿病になる方も多いですが、何と遺伝から2型糖尿病を発病する可能性もあるのです。ですので、身の回りに2型糖尿病の方がいる場合は、検査をしてみる事をおすすめします。

1型糖尿病

男性

糖尿病には、2型糖尿病だけでなく、1型糖尿病というものも存在しています。2型糖尿病は生活習慣の乱れや遺伝から糖尿病を引き起こしますが、1型糖尿病は、すい臓が元々、インスリンを作れない、または量が少ないと行った要因から、インスリンを注射する事で補わなければいけません。糖尿病を発病した方のうち、1型糖尿病の方はかなり少ないです。ですが、2型糖尿病と比べ、若い方の糖尿病では、1型糖尿病を発病している方が多いです。

糖尿病の合併症

カウンセリング

実は、糖尿病には様々な合併症を引き起こす可能性があります。動脈硬化や視力の低下などがその代表的なものです。糖尿病は、動脈硬化を進行させるので、心臓病、脳卒中などのリスクを引き上げます。また、視力も、放っておくと最悪失明になるおそれもあります。ですので、合併症が酷くなってしまわないうちに、糖尿病は医療機関で受診しましょう。

広告募集中