糖尿病の治療は一体どのようなことが行われる?【The Medical】
HOME>特集>糖尿病の治療は一体どのようなことが行われる?

糖尿病の治療

医者と看護師

では、糖尿病はどのように治療していくのでしょうか。まず、糖尿病は、高血糖で引き起こされる様々な合併症の予防が主となります。ですので、インスリンの働きを正常にするために、食事、運動、薬物療法の3つの組み合わせ、治療を行います。食事療法や運動療法で血糖値が改善されない場合は、内服薬での治療が始まります。内服薬のみならず、注射を使用しての投薬を行なう事もあります。投薬療法が始まったからといって、食事療法、運動療法をやめる、というわけではありません。やめてしまうと、リバウンドなどでインスリンの働きが再度悪くなり、せっかくの治療が無駄になってしまいます。ちなみに、糖尿病の薬の効能は、インスリンの作用不足の改善、血糖値の低下の効能がある薬が主です。従来は、飲み薬で改善が見られない場合は注射での投薬を行っていましたが、現在は早期からインスリンの注射を行なう方法の治療も行われているようです。

糖尿病の食事

食事療法は、糖尿病治療の要です。投薬治療をしていても、必ず食事には気をつけなければいけません。病院から処方されている薬の量は、食事療法をきちんと行っている事が前提で決められています。それほど、食事療法は大事なのです。糖尿病は、別にこれだけは絶対に口にしてはいけないという食品があるわけではありませんが、栄養バランスを意識したメニューを用意しなければいけません。自分の適切な1日のエネルギーを確認し、1日3食、規則正しく食べましょう。また、食物繊維が多く含まれる食品は、急な血糖値の上昇を抑えてくれます。そして、肉類はあまり脂肪の多い物を避け、塩分は控えめの食事を心がけましょう。まずは、習慣を少しづつ変えていくと、無理せず続けられるはずです。

広告募集中