脳出血による後遺症は「幹細胞」で治療出来る!早期回復への道標【The Medical】

脳出血による後遺症でお困りの方

一般的に、脳出血というのは、高血圧などが原因で起こります。また、脳卒中を起こしてしまうと口角や手足が運動麻痺を起こす可能性もあります。特に、脳出血による麻痺は長い間、後遺症として残ります。ですが、そういった脳出血による後遺症を治療してくれる医療機関も存在しています。実際に、そういった医療機関で治療を受けた方の口コミを知るといいでしょう。

後遺症治療を行った方の喜びの声

母の笑顔が増えました。

脳出血で右腕に麻痺が残ってしまった母親。趣味のガーデニングをもう一度させてあげたくて、治療しました。結果、腕が前より動く様になり、母の笑顔が増えた気がしました。

諦めていたのに、嬉しいです。

私は二年前、脳出血で倒れてしまい、足に麻痺の後遺症が残りました。そんな中、妻よりクリニックを紹介され、通ってみる事に。杖は必要ですが、歩行機能が改善されました。

これからがんばります

脳出血により、左腕に麻痺が残って3年になりました。もう治らないだろうとそのままにしていましたが、このクリニックを知り、治療を始めました。少しづつですが、腕が動いているような気がします。リハビリと平行して、頑張ろうと思います。

脳出血の起こるメカニズム

ハートを持つ医者

脳出血というのは高血圧などの要因で脳の血管が破れ、脳の中で出血を起こしてしまう事で起きる病気です。この破れた血管から溢れ出した血液は、塊となり、脳に直接ダメージを与える事もあります。それにより、正常な脳が圧迫されると、脳は様々な障害を引き起こします。時には死に至る場合もあります。また、脳出血に起こる症状ですが、頭痛や、吐き気、運動麻痺や呂律が回らない、といった症状です。出血が多い場合は、意識障害、昏睡といった症状を起こす場合も出てきます。特に、運動麻痺などになるとかなり辛い症状が残ります。中には、そういった脳出血による運動麻痺の治療を行ってくれるクリニックなどもあります。再生医療を使用し、麻痺を受けた体を少しづつ動かせる用に治療してくれます。リハビリと並行して行えば、早期の回復も夢ではありません。

後遺症治療

後遺症治療は、麻痺を受けた神経を再生できる幹細胞を用いた、幹細胞治療で行われます。最初にカウンセリングを行い、血液、検査と尿検査を行い、幹細胞が実際に採取でき、培養することが可能かどうかを確認します。そして、無事、培養出来るならば実際に脂肪や骨髄から採取した幹細胞を培養します。そして、培養した幹細胞を使って、治療を行っていきます。治療には殆ど痛みは無く、1回の幹細胞の投与で効果が出るのが一般的です。しかし、先進医療のため、こちらは保険適用はしていない治療になります。ですが、審査が降りるのであれば、医療ローンなどを利用するのも可能なようです。カウンセリングを初回に受けることも可能ですので、気になる点や。不明な点は、カウンセリングの際に聞くと良いでしょう。治療の効果は、翌日から効果が出る人もいれば、ゆっくりと効果が出てくる方など、個人差はありますので、注意してください。

睡眠時無呼吸症候群の症状をチェック☆

歯周病を堺市

船橋で矯正歯科

都筑区で内科の利用なら初めてでも安心。 札幌市内で人気のインビザライン治療!

広告募集中